2021/06/04 Updated by

Mac arm64: 初期設定


[Up] Japanese English

emacsのインストール

  1. homebrew (x86_64) 経由でインストールする。 rosetta2 のターミナル (uname -m の出力が x86_64 となる状態)で以下のコマンドを実行する。
  2.   % arch -x86_64 /bin/zsh
      (x86_64)% brew install --cask emacs
    
    /Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs にインストールされる。
  3. DockのLaunchpadからEmacsを起動すると、「ネットワークからダウンロードしたもの」なので起動できない。
  4. 「システム環境」->「セキュリティとプライバシー」
      ->「一般」の下から「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」
      -> "Emacs.app" は開発元を確認できないため、使用がブロックされました。
      -> 「このまま開く」
    
  5. /usr/bin/ruby に「フルディスクアクセス権限」を与えるのを忘れないこと。
  6. macOS Mojave (10.14, 2018年9月リリース) 以降では、 プロセスが ~/Documents/~/Downloads/ の下にアクセスしようとすると制限がかかる。 Emacs は ruby スクリプトから起動されるので、ruby コマンドに ~/Documents/~/Downloads/ へのアクセスを許可すると、 Emacsが ~/Documents~/Downloads 下にアクセスできるようになる。
    「システム環境」->「セキュリティとプライバシー」->「プライバシー」
      ->「下の鍵のマーク」->「パスワード入力」
      ->「フルディスクアクセス」を選択してから「+」
      -> 「フォルダの選択肢ウィンドウ」が表示される
      -> 上のバーで「Macintosh HD」を選択してから、Command + Shift + "." で隠しファイルも表示する。
      -> /usr/bin/ruby を選ぶ。
    
  7. ~/.emacs を用意する。(emacs/dot.emacs 参照)
  8. C# 用の環境を用意する。~/.emacs.d/lisp/csharp-mode{,-tests}.el{,c}