コンピュータ・グラフィクス b



お知らせ ( 5月13日追記)

履修登録者だけがアクセスできる授業用のGoogle Drive を新しく用意しました。

video/ フォルダに、5月13日のオンライン授業のビデオ(一部)が置いてあります。 また handwriting/ フォルダには授業で手書きしたメモが置いてあります。 止むを得ない理由でオンライン授業に参加できなかった受講生はそちらをご覧下さい。


お知らせ (2020年5月10日記)

Zoomを用いた授業に関して、 5月13日(水)までは[(バックアップ用) Zoom ミーティング]を、 5月14日(木)以降は[(授業用) Zoom ミーティング]を使います。

各授業用のGoogle Driveの中の passwd.txt には「Zoom ミーティングID」が 2 種類 記載されています。

お知らせ (2020年4月28日記)

2020年5月13日から授業を開始します。 弾力的補講期間ですので初回(5月13日1限)の欠席は成績上のマイナスとはしません。 止むを得ない理由で参加できなかった受講生は授業のビデオをご覧下さい。

4月22日の説明とは異なる日程となり申し訳ありません。


お知らせ (2020年4月28日記)

授業用のGoogle Drive の video/ フォルダ にオンライン授業のビデオ(一部)を置くことがあります。 このビデオはこの授業の受講生のみにストリーミングを許可します(履修登録終了までは @gm.tsuda.ac.jp 全体に許可しています)。 止むを得ない理由でオンライン授業に参加できない受講生はそちらをご覧下さい。

視聴できる内容および期間に関しては未定です。


お知らせ (2020年4月16日 追記)

この授業のオンライン授業に必要な情報は google drive に置きます。
大学から与えられた Google アカウント (@gm.tsuda.ac.jp) でアクセスして下さい。

ZoomのミーティングIDとパスワード、課題提出Webのユーザ名とパスワードは 上記Google Drive 中のpasswd.txt をご覧下さい。

私が担当するオンライン授業全般に関するお知らせはこちらを参照して下さい。


[注意] 本授業は 2018年度以前の「コンピュータグラフィックス」(程度III)の単位を取得している場合は、履修できません。


講義内容

Webの世界で3Dグラフィックスを高速に処理する技術が WebGL で、HTML5 で標準技術として採用されました。 WebGLの低レベルなAPIを直接プログラミングするのは若干難易度が高いという理由で、 javascriptの高レベルなAPIを持つライブラリがいくつか開発されています。 それらのライブラリの中でデファクトスタンダードになったのが Three.js です。 本講義では、Three.jsを学び、Webブラウザ内で動作する 3D アニメーションや 3Dゲームを簡単に 開発できるようになることを目標とします。

本講義を履修した後に、 第4タームに開講される「コンピュータ・グラフィックス a」を履修して、 3次元グラフィックスの基本原理と WebGL の API についてきちんと理解しておくことを推奨します。

また、本授業では javascript を使います。

演習では javascript を用いてプログラミングを行い、Webブラウザ上で実行します。 Webブラウザはjavascriptを高速に実行でき、またデバッグ機能も備えている必要がありますので、 Google Chrome を推奨ブラウザとします。


授業日程

第1ターム 水曜1限 zoomによるオンライン授業
倉庫

出席状況


課題提出


教科書

Learning Three.js - the JavaScript 3D Library for WebGL (Second Edition)
著者: Jos Dirksen
出版社: Packt Publishing; 2版 (2015/4/3)
ISBN-10: 1784392219
ISBN-13: 978-1784392215
Packt Publishing
Amazon Kindle版 http://www.amazon.co.jp/dp/B00VIBPW5I/
Amazon ペーパーバック http://www.amazon.co.jp/dp/1784392219/

(注) この本は、 津田塾大学図書館で契約している O'Reilly Higher Education https://learning.oreilly.com/home/ で読めます。(学内LANから上記URLにアクセスし、所属組織は「unlisted」を選択し、tsuda.ac.jp のアカウントでloginして下さい。) 学内ネットワークからのみアクセス可能で、同時アクセス数は無制限です。


リンク