コンピュータアーキテクチャ


授業内容

ディジタル回路の基礎と設計を理解した上で、コンピュータの仕組みと高速化技術について学びます。

現在の多くのパソコンのcpuとして採用されているインテル社の i486アーキテクチャの機械語についても解説します。

授業の到達目標は次の2点です。


授業予定


出席簿

出席簿 (出席簿に関するメモ)

課題提出

課題提出Web,

[評価方法]

平常点、レポート、試験

[テキスト]

特定の教科書は使いません。 必要に応じて「Webで公開する」または「授業中にプリントを配布する」という方法を取ります。

参考書


メモ